FC2ブログ
官能小説 肥満熟女の園
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
帰宅した斉藤和枝はまずスーツを脱ぐ。
着痩せとはよく言ったもので、下着姿となった和枝はそれ以前に比べ肥満の言葉に恥かしくない身体を晒す。
否、恥かしい身体という方が正解だろう。
窮屈な衣類から開放された肉体が呼吸する様に上下する。
実際呼吸が荒い。
晒すといったものの独り暮らしである和枝は、下着姿のまま自宅パソコンの電源を入れる。

「なんでわたしに・・、こんな物を・・・」

バッグから取り出したティッシュ。
自宅なら、外聞を気にしない空間でまじまじ凝視する。
鼻の穴を広げられた同族の姿。
文字が被って隠れた目元だが、周囲の筋肉の動きを見ると、それは笑っている顔であると解った。
電車の中から家に帰り着くまで自問自答して来た答えを求めて起動したパソコンにURLを打ち込む。

『倶楽部養豚場』

ホームページが開いた。
ティッシュ同様に黒い背景を使用したページには、言葉は少なく、代わりに数点の写真、暗証ロックされたリンク先が一件ある。
数点の写真は、どれも女性を中心としたアングルで撮影されていた。
女性は写真の数だけ違う人物だった。
そのどれもに目線が引かれているのだが共通点は肥満熟女だと直ぐに解った。
肥満熟女達はことごとく全裸であり、その熟れ過ぎ肥え過ぎた肉体を晒していたからだ。

和枝は震えながらも食い入るように画面に見入っていた。
肥満熟女達は誰もが自分と同じ様な醜い身体をして、鼻フックや四つん這いといった滑稽な姿を晒している。
そして目線ありでもその下に笑顔を見て取れる。
注目すべきは肥満熟女の周囲である。
そこには多人数の男達の姿があり、股間にそそり立つペニスがあった。

「そんな・・、いいの? こんな年齢の、・・太った女で・・。 こんな豚みたいな姿に興奮してくれるの?」

和枝は写真の肥満熟女達に自分を重ね合わせ、パンティの上からおまんこを弄ると絶頂した。
絶頂の余韻の中でパソコンから出る音に気付く。
ページを開いてからある程度の時間が経過すると表示される仕組みになっているのだろうか、倶楽部養豚場ホームページの一番下に携帯の電話番号が現れていた。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]


管理者にだけ表示を許可する
http://pigsmilf.blog.fc2.com/tb.php/4-78fc7770
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 倶楽部養豚場 all rights reserved.
ブログ 概略

官能小説を扱うブログです。

キーワードは、
肥満・熟女・恥辱・屈辱
豚・豚鼻・鼻フック
汚い・臭い・匂い

豚が絶頂った回数

プロフィール

豚カツ

Author:豚カツ
豊潤豊満な大人女性に魅力を感じて止まない純愛派。

最新記事
全記事表示リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

肥満熟女の肛門だと思って    おもいくそ押して下さい。(↓)

FC2Blog Ranking

ぬっぷりと

リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。