FC2ブログ
官能小説 肥満熟女の園
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
007.jpg

斉藤和枝が呻いたのは、他人に自分の肛門を見られているという羞恥からだった。
それも、和枝自身が自らの尻肉を掴み左右へと広げる形だ。
恥かしさは二乗され、恥かしい事柄に官能する和枝が呻くのも致しかたなかった。

既に全裸である和枝は、自他が認める醜い肥満熟女の身体を晒している。
そのストリップの延長に、脂肪を掻き分け、肉に埋もれた密部を露出する事も含まれていた。
和枝の身体は余すところなく観察される。

「あははははははは」

和枝の身体検査を取り仕切る黒田松子は大声で笑った。
しかし笑うだけで、それ以上の言葉による指定は未だない。

「ぁぁ・・、そんなに・・私の・・・お尻は・・おかしいですか? ・・見た目が変ですか? ・・それとも、あの・・・・匂い・・・・・が変ですか?」

和枝は勇気を出して笑うだけの松子に感想を求めた。
ただ意味も解らず笑われる事が嫌だったし、もしかしたら和枝の不安とは別の笑いである可能性もゼロではない。
しかし和枝の潜在意識は、松子から辛辣は批判を受ける覚悟があり、求めてもいた。

「・・・・・なんて言ってもらいたの・・和枝さんは?」

和枝はドキリとして、尻肉を掴む手に力が入るあまり、さらに指先を尻肉に食い込ませる。
柔らかな尻肉が形を変え、指と指の隙間から食み出した肉の有りようが柑橘系果実の房を連想させた。
絞られた果肉から果汁に代わる汗が染み出し流れ落ちる。
松子はいつも、和枝が気付きたくない自分の本音部分を代弁してしまう。

「和枝さん好みに言ってあげるわね。 ・・そう、全部おかしいわよ。 特にお笑いなのは和枝さんの神経かしらね。 肥満熟女の身で、よくもまあ自分でお尻を広げて・・人様に汚い部分を見せられるわね。 呆れて感心しちゃうわ」

「!・・そんな・・」

流石の和枝も心が折れそうになる。
張りのない柔らかな尻肉の元の形に戻ろうとするか細い力に対し、手で広げる力が負けそうになる。
剥き出した尻溝が、また深淵の谷間に没しようとした時、松子が和枝の尻肉を叩いた。

ピシャリっ

和枝は条件反射で尻肉をグッと開きなおす。

「ふふ、もっと細かい評価が欲しいのでしょう?。 ここは特に自分ではちゃんと確認できない場所だものね。 ・・ケツ毛は予想通り濃いわよ。長いし太いし、ただマン毛よりも密度自体は薄いわね。しっかりアナルも見えているわ。・・汗と変な汁でベタベタに濡れていて左右のお尻の肉に張り付いているからそう見えるのかしら?」

松子は和枝の内尻にふぅーっと息を吹き掛けた。
和枝は「あっ」と声を出し半歩前進する。
ベトベトの和枝のケツ毛はたなびきもしないし、その程度の送風では乾く素振りもみせない。

「アナルはおまんこより黒いんじゃないの?。周りの皮膚も真っ黒よ。 ・・汚ーい・・捲れて盛で上がっているわ。 ・・あら、小さな疣があるわね。 これってイボ痔じゃなくって?。 ・・おまんこが処女で、アナルが処女じゃないなんて事はないと思うけど・・、和枝さん、貴方こっちの穴も弄っているでしょう?」

「・・・・・はい」

和枝にとっての秘中の秘は、あっけなく見破られた。

「いやらしい人ね和枝さんは。 そこいらの商売女に見習わせてあげたいくらいよ」

和枝は処女でありながら、売春婦よりも使い古された性器とアナルを持ち、そのいやらしい精神でも勝っていた。
それも当然だ。
売春婦は仕事で身体を使うが、和枝は趣味でこの身体を作ったのだから。

「最後に貴方の大好きな匂いについて教えてわげるわね。 ・・ふふ、最悪に臭いわ。 公衆便所やドブ川に近いものを感じるわね。 ・・和枝さんの家にはウォシュレットは取り付けていないの?。 いいわよアレ。 こんなにケツ毛がモジャモジャじゃ拭くだけじゃダメでしょう。 汗と混じって酷い豚臭と熱気とでむんむんしてるわ。 臭っさぁい」

和枝の性器を含む陰毛を花園と言った手前、アナルを取り巻くケツ毛にも呼称を与えよう。
亜熱帯ジャングルと。
そこに群生するのはヘクソカズラの二つ名を持つ剛毛だ。

和枝はあまりの恥かしさから涙を流していた。
四十五歳の熟女にして久方感じた事のない大きな感情の動き。
それはマイナスの感動だったが、ある意味で精神の開放とも言えた。

和枝という人格が、体臭とケツ毛の関連性に関し、気にしない訳はなかった。
ウォシュレットを知った時、世界でマイケルの次くらいに感銘を受け、いち早く購入している。
アナル遊びをする和枝は、衛生部分よりも、水圧による愛撫の妙に摂り付かれる愛用者だ。
しかし今は、松子の指摘のせいで、ウォシュレットを使用しているという有り触れた事柄が、和枝の新しい秘密になってしまった。
この状態でウォシュレットを使用していると言えば、使用していない際の和枝のお尻はいったいどこまでの状態になってしまうのであろうか想像されてしまう。

「和枝さん、ケツ毛にトイレットペーパーが絡まっているわよ?」

「ええッ!? 嘘っ・・どこ・・っ どこですかっ!?」

慌てて和枝は自分の肛門周辺に手を伸ばす。
ヌタッとした感触の中でケツ毛を撫で紙の破片を探す。

「ぷっ あはははははは・・、嘘よウソ。 そんなに取り乱されたら・・おっかしくて笑ってしまうじゃない」

羞恥で松子の顔をまともに見れなくなった和枝は、松子を睨む事すらもできなかった。


関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]


管理者にだけ表示を許可する
http://pigsmilf.blog.fc2.com/tb.php/17-d3a2d577
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 倶楽部養豚場 all rights reserved.
ブログ 概略

官能小説を扱うブログです。

キーワードは、
肥満・熟女・恥辱・屈辱
豚・豚鼻・鼻フック
汚い・臭い・匂い

豚が絶頂った回数

プロフィール

豚カツ

Author:豚カツ
豊潤豊満な大人女性に魅力を感じて止まない純愛派。

最新記事
全記事表示リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

肥満熟女の肛門だと思って    おもいくそ押して下さい。(↓)

FC2Blog Ranking

ぬっぷりと

リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。